竜王の家 茶庭

茶庭は、入側近くに腰掛待合を設け外露地としてアセビの群植で遮り大磯砂利敷の上を歩み飛石で二段ほど上り山道に入る。

山道は、山ゴロタのあられこぼしで杉林の奥に小滝を造り、流れを挟んで内露地と分けている。茶室は、四畳半本勝手で渡り廊下で西棟と続き、蹲踞は形の良い鉄鉢形手水鉢を流れの中に一段低く据え、鉢明りには織部灯籠を据えた。貴人口踏石は、甲州鞍馬石の自然物。土間は深草土洗出しで地元産の飛石を打ち袖壁近くに塵穴もある。設計者の意図により壁どまりの下に差石はない。またにじり上りの石は、地元産の丸みを帯びたものを使っている。

 

所在地: 山梨県

竣工:1995年

庭園設計:

(有)横内敏人建築設計事務所/

一部 (有)東香園

作庭 :(有)東香園